ほくろを除去してコンプレックスをなくそう【不安も同時に払拭】

サイトメニュー

じつは種類があるんです

看護師

突起型か平坦型か

ほくろはひとくちにほくろと呼ばれていますが実は大きく分けて2つの種類があります。ひとつは複合母斑、もうひとつは真皮内母斑です。そもそもほくろは皮膚科の視点でいうと母斑細胞母斑と呼ばれ、良性腫瘍のひとつとみなされます。その中でさらに分類した呼び方が先述した2つなのですが、複合母斑は突起したような見た目で、真皮内母斑は平坦になったものです。ほくろの除去手術を検討する際、ほくろのタイプによっては除去の方法も適したものを選択する必要が出てきます。手術方法はくり抜き法、切除縫合法といった外科的手術で取り除く方法か、Qスイッチレーザーや炭酸ガスレーザーなどのレーザー治療に分かれます。くり抜き法は大きさが6?程度のものでないと綺麗に除去できません。また、切除縫合法は突起した見た目の複合母斑でなければ適しません。この手術をする除去方法は取り残しの心配がないのがメリットですが、治癒まで時間がかかるのと、手術後へこんだような痕ができてしまう可能性があります。一方レーザーによる除去は体への負担は少なく、リスクが低いのが最大のメリットです。Qスイッチレーザーは真皮内母斑に、炭酸ガスレーザーは複合母斑に適している方法です。炭酸ガスレーザーでほくろを除去する方法は、体へのストレスが少ないのが特徴です。ほくろ除去以外にも多くの皮膚治療に導入される治療方法で、出血したり傷をつけたりすることもなく、治療時間も短くて済む画期的な方法です。この除去方法が使用されるのは複合母斑という突起したタイプのほくろになりますが、この色素組織にレーザーを照射し、少しずつ削り取っていくイメージです。麻酔をした状態で除去部位にピンポイントで炭酸ガスレーザーを照射します。するとほくろの組織内の水分がレーザーの光を浴びて膨張し、内圧によって一瞬で破裂して飛び散るような形になります。そのときにまだ色素が残っていれば、状態を確認しながらさらに照射を続けていくような流れです。この治療を行った後、黒いかさぶたのようなものが治療部位にできてきます。そして数日から1週間程度で、そのかさぶたがはがれるのです。治療部位の大きさ次第では、皮膚をケアするための薬や保護用のテープ等を医師から提案される場合があります。状態によって対処が変わりますので、医師の指示に従いましょう。アフターケアを終えれば、もうほくろは消えている、というような流れです。