ほくろを除去してコンプレックスをなくそう【不安も同時に払拭】

サイトメニュー

傷跡が残りにくい施術

水着姿の女性

HPからも申込める

ほくろ除去のための治療法はいくつかありますが、炭酸ガスレーザー治療が人気を集めています。人気の理由の筆頭にあげられるのは、傷跡が残りにくいことです。施術の直後はレーザーを照射した部分が陥没していますが、時間をかけて回復し、最終的には全く跡の残らない、残ったとしてもほとんど跡が目立たないような状態になります。施術時間も5分から10分と短いうえに、患部の血もすぐに凝固するため出血もほとんどありません。ほくろ以外の皮膚にほとんどダメージを与えずに治療できる方法なので、安心して行えるのも人気の理由でしょう。メスを使わない施術法なので切開法よりも気軽に行え、シミ取り感覚で施術が受けられる敷居の低さもうけているようです。また、平坦なもの、盛り上がったもの、色の濃いものなど、どんなタイプのほくろ除去も可能なことも、人気を集めている理由に数えられるでしょう。レーザー治療にはQスイッチやアレキサンドライトもありますが、除去できるほくろのタイプが限られているため、炭酸ガスレーザーが重宝されています。ほくろ除去をすると決めたら、まずはクリニックや美容皮膚科に申し込むことから始めます。まずは口コミでの評判をチェックして、良さそうなクリニックをいくつかピックアップしましょう。それらのクリニックのHPからカウンセリングの申し込みをし、日時を決定します。カウンセリングでは、ほくろ除去の施術方法やそれぞれの方法に関するメリットやデメリットなどが説明されるほか、何でも質問できるので疑問に感じることをすべてぶつけてみると良いでしょう。実際にカウンセリングを受けて対応が良いと感じたクリニックに、治療の申し込みを行います。申込方法は、申込書に必要事項を記入して提出します。支払方法も、現金払いやカード払い、場合によっては分割払いから選ぶことも可能です。その後、施術の日時を決めて完了です。申込は、カウンセリング時に行ったり、後日クリニックに訪れたりHPからも行えます。申込時には、身分証明書や保険証が必要なこともあるため、カウンセリングの時に持参しましょう。