ほくろを除去してコンプレックスをなくそう【不安も同時に払拭】

サイトメニュー

ほくろを消す方法

顔に触れる女性

ほくろを除去する手段とは

特に顔にあるほくろに関しては場所や大きさによってすごく目立ってしまいますので、ほくろが原因でコンプレックスを感じてしまう人も多いでしょう。女性の場合は小さいほくろならばメイクで目立たなくすることも可能です。しかし、大きいほくろやいぼ状になっているほくろに関しては努力しても目立たなくすることは非常に難しく、悩みの原因にもなりかねません。そんな時は美容外科や美容皮膚科でほくろ除去してしまうという選択肢もあるのです。ほくろ除去をする際にはほくろの大きさや施術内容によって料金設定が異なります。保険が適応になる治療もありますのでまずはクリニックに相談してみましょう。保険が適応になった場合は数千円で除去できます。自由診療で行う場合はほくろの大きさが小さい場合は数千円から1万円以内で行えることも多いのですが、ほくろが大きかった場合はレーザーで繰り返し治療を行う場合は数万円かかることもあります。どちらにしてもほくろの形状や質によって料金が変わると言って良いでしょう。ほくろ除去は大きく分けて二つの方法があります。まずひとつはレーザー治療です。皮膚の黒く色素沈着した部分に反応するレーザーでほくろをレーザーで削るのですが、ほくろの大きさによってほくろ除去の料金が異なります。小さいものに関しては5千円前後で行えるのですが、大きなほくろに関しては1万円以上かかることもあります。複数回治療を受けることになるケースもありますのでトータルで3万円から5万円程度が相場です。レーザーの場合は傷跡も少なく短時間で終わるというメリットがあります。もうひとつの方法が切除縫合法です。その名の通りほくろを切除して縫合する方法なのですが、保険が適応になることもありますので大きいものでも1万円程度で除去できます。ほくろ部分をそのまま根元から除去することが出来るので再発しにくいというメリットがありますし、専門の細い医療用の糸で縫合することによって傷跡も目立ちにくく一度の施術で完了します。ほくろのタイプに合わせて施術方法を選ぶ必要があるので医師のカウンセリングが必須です。